ホワイトハウス、ブリーフィングルームにSkype席設置へ

2017年1月28日 21:36

印刷

記事提供元:スラド

米国・ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサー氏は23日の記者会見で、ブリーフィングルーム(記者会見室)にSkype席を設置する計画を明らかにした(記者会見動画The Vergeの記事On MSFTの記事)。

Skype席はワシントンDCから50マイル以上離れた場所に住むジャーナリストや、現在記者証(hard pass)を持たないニュース機関に対し、ホワイトハウスの記者会見へ参加する機会を開くためのものだという。Skype席は今週中に4席設置する予定とのことだが、具体的な利用方法などについては特に説明されなかった。また、金曜日までに設置されたとの情報は出ていないようだ。

 スラドのコメントを読む | マイクロソフト | 通信 | ニュース | アメリカ合衆国 | 政府

 関連ストーリー:
米トランプ政権、政府系組織に対しマスコミを含む外部への情報提供を一時停止するよう命じる 2017年01月27日
トランプ大統領就任により、ホワイトハウスのWebサイトも大きく変わる 2017年01月22日
ドナルド・トランプ次期米大統領のテレビでの発言を集めた「Trump Archive」が公開される 2017年01月09日
米大統領のSNSアカウントが規約違反で停止・削除される可能性は? 2016年12月04日
Siri、ホワイトハウスの記者会見で記者の質問をさえぎる 2015年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国Skype

関連記事