阪大、AIを使い好みの楽曲を自動作曲するシステムを開発

2017年1月18日 16:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 大阪大学らの研究チームが、人工知能(AI)を使って特定の人の好みに応じた音楽を自動作曲するシステムを開発したと発表した朝日新聞)。

 対象となる人にヘッドホン付きの脳波センサーを装着した状態で音楽を聴いて貰い、脳波を測定してその結果を人工知能に入力する。人工知能はこのデータから曲と脳の動きの関連性を学習し、そこからその人に最適な楽曲を自動作曲するという。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | 音楽

 関連ストーリー:
国内初、AIライターを採用したWebメディア 2016年11月12日
MIT、人工知能でサイバー攻撃を検出するシステム「AI Squared」を発表 2016年04月22日
NHK、各時代のヒットソングを分析して作った「その時代っぽい」曲を公開 2015年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)大阪大学

関連記事

広告