オバマ政権下でTPP承認を強く期待―経団連・榊原会長

2016年9月29日 11:21

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本経済団体連合会の榊原定征会長は28日までの記者会見で「TPPについて必ず承認してもらいたい」と語った。

急ぐ理由について榊原会長は「TPPは米国大統領選の中、トランプ候補、クリントン候補ともに反対・消極的姿勢を示している」とし「トランプ候補は撤回、クリントン候補は再交渉と発言している。新政権へ批准プロセスが引き継がれると、TPP成立が難しくなることが予想されるため」とし「現政権中に米国議会で承認されることを強く期待している」と期待した。

また榊原会長は「オバマ大統領も自身の任期中に承認させるという強い意志を示しており、日本としても早く承認し、米国を後押ししていくことが重要」とした。

榊原会長は、今国会では特に「補正予算とTPPは別格であり、必ず通してほしい。加えて、消費増税が延期になったことに伴う関連法案、労働基準法改正案など重要法案の確実な成立を期待したい」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
TPP協定「再交渉に応じる考え全くない」総理
「新たに審議せざるを得ないのでは」山井氏
野田幹事長 現行のTPP協定案に反対を表明
南スーダン「PKO5原則が壊れている」山井氏
国債頼みも財政収支の2020年目標揺るぎない

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国榊原定征日本経済団体連合会(経団連)TPP(環太平洋経済連携協定)バラク・オバマ

関連記事