北朝鮮6回目の核実験、把握情報に回答控える―菅義偉官房長官

2016年9月13日 10:57

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、韓国メディアは北朝鮮が6回目の核実験の準備ができたとの報道をしているが、政府は北朝鮮の動きを把握しているのか、との問いに「政府としては、引き続き、米国・韓国と緊密に連携しながら、北朝鮮に挑発行動の自制、安保理決議、6者協議共同声明の遵守を求めていく」と答えた。

 また、菅官房長官は「いかなる事態にも対応できるよう、緊張感を持って、情報収集や警戒監視に万全を期している」とした。

 菅官房長官は「平素から、北朝鮮については情報収集や分析に努めている」とし「具体的な情報、分析については控えたい」として、政府把握の情報については回答を控えた。

 また、記者団が短期間で再び核実験が行われるようなことがあった場合、日本政府としては北朝鮮にどのような働きかけをしていく考えか、との問いに「日米・日米韓の連携をしっかりとっている」とし、ロシアや中国などにも働きかけし、今も、しっかり対応している旨を示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
別坑道で核実験準備終えたもよう 韓国メディア
北へ独自の措置を検討する用意ある カナダ外相
6者会合の日米の首席代表が北問題で意見交換
北の核実験「広島原爆の7割から8割水準」
今までと異なる脅威に異なる対応必要 日韓首脳

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮米国菅義偉官房長官核実験

関連記事