NASA、小惑星探査機「オシリス・レックス」の打ち上げに成功

2016年9月12日 17:00

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 NASAの小惑星探査機「オシリス・レックス (OSIRIS-REx)」が米国東部夏時間の8日午後7時5分、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からアトラスVロケットにて打ち上げられた(NASAのミッションページAstroArtssorae.jpSlashdot)。

 オシリス・レックスは米国史上初となる小惑星からのサンプルリターンを目指した探査機で、そのミッション内容から米国版「はやぶさ」などとも呼ばれている。目標としているのは直径500mほどの地球近傍小惑星「ベンヌ」で、2018年の到着後まずは軌道上からの観測を行い、次いで2020年に地表に降下してサンプルを採取、その後2023年に地球帰還を予定している。

 ミッション内容が近い一方、探査機の大きさははやぶさの約510kgに対して約1,530kgと遥かに大きく、採取するサンプルの量も60g以上、最大2kgと強気である。サンプルの採取には装置を地表に押し付けて窒素ガスを噴射し、舞い上がった土砂を回収する仕組みが用いられるという。

 2018年到着ということなので、ちょうど日本の「はやぶさ2」と同じ年に小惑星に辿り着く予定になる。2年後の小惑星探査ブームに期待が高まるところである。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | NASA

 関連ストーリー:
行方不明の彗星探査機「フィラエ」、岩の間に挟まっているのが見つかる 2016年09月08日
NASA、木星探査機Junoの軌道投入に成功 2016年07月06日
米議会、NASAに恒星間探査機の開発を要請 2016年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国NASA

関連記事