目に見える形で沖縄の負担軽減に努める 菅長官

2016年9月2日 13:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は1日夕の記者会見で、日米合同委員会で、普天間飛行場にあるオスプレイでの訓練を沖縄県外で行うことで合意し、初訓練が今月12日から10月5日までグアム島のアンダーセン空軍基地及び北マリアナ諸島のテニアン島の訓練場等で実施されることになったことについて「目に見える形で沖縄の負担を減らしていけることになる」とした。

 また、菅官房長官は「こうしたことを出来る限り多くすることができるよう、米国側に強く働きかけをしている」とした。

 12日からのグアム島の訓練はオスプレイ16機程度、800人規模で予定されている。菅官房長官は「目に見える形で沖縄の負担軽減に努めていきたい」と強調した。

 また、毎年4月を目途に、こうした訓練の計画を日米で調整していくことになっているとした。

 菅官房長官は今回の合意について「目に見える形で沖縄の負担軽減をしていくという、強い意志、思い入れの一環だと思っている」とも語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
オスプレイでの訓練 沖縄県外で実施 日米合意
だまし討ちの暴走政治 志位委員長が怒りの発信
「和解・癒やし財団」へ10億円支出 閣議決定
できるだけ早い時期に沖縄訪問したい 防衛相
最低賃金加重平均で25円アップ、時給823円

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国菅義偉官房長官沖縄県オスプレイ普天間飛行場

関連記事