欧州委員会、Appleに約1.5兆円の追徴金支払いを命ずる。Appleと米国政府は反発

2016年9月1日 14:20

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 欧州委員会が8月30日、アイルランド政府に対しAppleに最高130億ユーロ(約1.5兆円)およびその利子を追徴課税するよう要請した(AppleWirelessWire NewsITmediaSlashdot)。

 アイルランドでは海外からの投資を呼び込むため、法人税率をEU内の他国よりも低水準に設定している。さらにアイルランド政府はAppleに対し税制面での優遇も行っていたと報じられている。これが「特定の企業を税で優遇してはならない」というEU保護政策規則に違反すると欧州委員会は主張している。

 これに対しAppleのティム・クックCEOは公開書簡で「委員会の動きは前代未聞で広範囲に深刻な影響を与える」と反論。アイルランド政府とともに控訴する意向を示している。また、米国政府もこれに反論するコメントを出している(AFP)。

 アイルランドにおけるAppleへの法人税優遇措置については、2014年にEU法に違反するとの暫定的な判断が下されていた(過去記事)。アイルランドにはAppleだけでなく多くの企業が拠点を設置しており、影響はAppleだけにとどまらない可能性がある。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | EU | アップル | お金

 関連ストーリー:
EU欧州委員会、アイルランドのAppleに対する法人税優遇措置についてEU法違反と判断 2014年10月02日
GoogleやAmazon、Appleの法人税逃れに対しイタリアが対策へ 2013年12月27日
米企業が行っている課税回避や「囲い込み」を規制する動き 2013年09月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国Apple欧州ティム・クックアイルランド

関連記事