辺野古移転「理解得られるよう粘り強く」―中谷元防衛相

2016年4月6日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 中谷元防衛大臣は5日の記者会見で、記者団から普天間基地移設計画を巡る和解から1か月が経ったが、沖縄県との協議の進捗はと聞かれ「できる限り負担軽減について取り組んできており、実際に努力した内容について一つ一つ説明をし、御理解を頂くように努力をしている」とした。

 また「一日も早く普天間基地の危険性を除去するため、辺野古移設に関する政府の考え方や基地負担を軽減させるという取り組みについて理解を得られるよう、引き続き、粘り強く取り組んでいきたい」と語った。

 また、辺野古の工事に伴い臨時制限区域が海域に設けられていることについて、制限区域は工事中断中も設定するのか、記者団の問いには、中谷防衛大臣は「和解の内容に基づいて実施をしている」とした。

 そのうええ「防衛省としては埋め立て工事を中止するということであり、現在、ボーリング調査、キャンプ・シュワブの陸上部における工事などの現場作業も止めている。この内容については和解の当事者の沖縄県側の認識と異なることがないように、今後、確認し、適切に対応していく」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総理の和解「戦略的判断と理解」オバマ大統領
移設場所は辺野古が唯一の移転先 中谷防衛大臣
辺野古移設への協力が大前提 普天間で防衛相
代替施設は沖縄の負担軽減に資する 中谷防衛相
5年以内の運用停止「辺野古移転が前提」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース