iPhoneロック解除問題が「WhatsApp」にも飛び火か

2016年3月16日 20:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 iPhoneロック解除問題が人気のメッセージングアプリ「WhatsApp」にも飛び火したらしい。米司法省は犯罪捜査のために連邦判事から盗聴許可をとってWhatsApp上の会話にアクセスしようとしたが、暗号化技術が障害になって捜査が進められない状況になっているという(日経ITproNew York TimesSlashdot)。

 WhatsAppは昨年、Open Whisper Systemsによって開発された暗号化技術を実装しており、暗号化されたユーザーの会話は同社でも見ることはできない。米司法省がこの先どのような措置を講じるかはまだ決まっていないが、Appleと同様に法廷闘争に発展する可能性もあるとのこと。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | セキュリティ | 携帯電話 | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
プロセッサの表面を削って固有IDを読み取ればiPhoneのロックは解除できるという話 2016年03月11日
サイバーセキュリティーのレジェンドが考えるiPhoneのロック解除法とは? 2016年03月05日
暗号化技術がなければパリ同時多発テロは起きなかった? 2016年02月23日
米政府による暗号化通信に対する規制は無意味? 2016年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカセキュリティiPhoneWhatsApp

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース