普天間移設、あくまで和解事項に沿って協議していく―菅義偉長官

2016年3月8日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は7日夕の記者会見で、沖縄県の普天間飛行場移設に関する裁判所の和解勧告受け入れでの今後の沖縄県との協議について「あくまでも裁判での和解事項に沿って進めていく」とした。

 安倍総理は和解勧告受け入れ最大の理由に「国と沖縄県双方が延々と訴訟合戦を繰り広げる関係が続けば、結果として膠着状態となり、沖縄の現状がこれからも何年も固定化されかねない。そんなことは誰も望んでいないとの裁判所の意向に沿って和解を決断した」と膠着状態を回避し、普天間基地移設を前進させる必要からの判断としている。

 安倍総理は4日の和解勧告受け入れ発表時に「20年来の懸案である普天間飛行場の全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢であるとの国の考え方に何ら変わりはありません」と釘を刺した。

 中谷元防衛大臣は6日の記者会見で「国としては普天間基地の移設を目指していくわけでございますので」と方針に変更のないことを明確にした。

 そのうえで、中谷防衛大臣は「沖縄の方々にきちんと考え方を御理解いただきたいということで政府全体として執り行っている。防衛大臣としても基地を抱える市長村長さんと直接、話し合いを続けてきているので、引き続き協議していきたいと考えている」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
裁判所勧告受け入れを評価 普天間問題で谷垣氏
埋め立て中止も、辺野古は唯一の選択肢と総理
県外・国外も選択肢に米国と再交渉を 社民党
一般会計総額過去最高規模予算案 衆院通過
自然や生活環境に最大限配慮し工事進める 防相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース