埋め立て中止も「辺野古移設が唯一の選択肢という考えは変わらない」―安倍晋三首相

2016年3月5日 23:27

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は4日、沖縄県の普天間飛行場移設に関する裁判所の和解勧告を受け入れると発表した。そのうえで、安倍総理は「和解案を国も沖縄県ものんだわけであり、和解内容を国も沖縄県も誠実に実行していくことが求められている」と語った。

 安倍総理は「和解内容の実行とともに、最終的な司法判断が下されたら、国も沖縄県も誠意を持って、それに応じていく。それが今回の和解案」と強調した。

 和解案受け入れの会見で、安倍総理は「20年来の懸案である普天間飛行場の全面返還のためには辺野古への移設が唯一の選択肢であるとの国の考え方に何ら変わりはありません」と政府としての認識を変える考えのないことを冒頭に述べた。

 そのうえで「国と沖縄県双方が延々と訴訟合戦を繰り広げているこの関係が続いていけば、結果として膠着状態となり、普天間基地の、沖縄の現状がこれからも何年も固定化されかねない。そんなことは誰も望んでいないとの裁判所の意向に沿って和解を決断した」と説明。「国として、和解内容を誠実に実行することとし、埋め立て工事を中止する」とし、中谷元防衛大臣に埋め立て工事中止の指示を行ったとした。

 安倍総理は「裁判所が提示した手続に則って円満解決に向け、沖縄県と協議を進めていく。その上で司法判断が下された場合には、国も沖縄県もその判断に従う、そして互いに協力して誠実に対応することで今回合意した」と司法判断が下された場合には、国も沖縄県もその判断に従うことを強調した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
県外・国外も選択肢に米国と再交渉を 社民党
一般会計総額過去最高規模予算案 衆院通過
自然や生活環境に最大限配慮し工事進める 防相
普天間運用5年期限「沖縄の協力も含めたもの」
「辺野古への移設しっかり進めていく」防衛大臣

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース