パナホーム、CO2±0のくらしを提案する「カサート・テラ」を発売

2011年10月17日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 節約志向の高まりによって光熱費をできるだけ抑えることができる住まいやくらしが求められ、また、社会全体が低炭素化を目指し、省エネルギーで快適にくらすことへの価値観が高まる昨今。そんな中、パナホームは、エコアイディアの新技術でCO2±0(ゼロ)のくらしを実現する住まい「CASART TERRA(カサート・テラ)」を今月、発売した。

 「CASART TERRA」は、天井や外壁のほか、基礎にも高性能断熱材を充填し、床下の地熱を室内へ取り入れる「家まるごと断熱」と、建物内外の気温差に応じて自然換気と機械換気を自動で切り替え、快適で省エネルギーな空調を行う「エコナビ搭載換気システム」を採用。快適性を維持しながら熱ロスを抑え、換気にかかるコストや冷暖房費の節約に貢献する。さらに、太陽光発電システムを基本に、高効率給湯器「エコキュート」や家庭用燃料電池「エネファーム」を組み合わせた2タイプのエコパッケージを用意し、光熱費を節約し、CO2の排出量と創エネによる削減量が収支ゼロになるくらしを実現する。

 さらに、新築にあたっては、商談の段階で建築地や家族構成、建物面積、設備・仕様などに基づいてCO2排出量や光熱費の試算する「光熱費環境性能シミュレーション」を実施。入居後には「ECOマネシステム」に蓄積されたエネルギー収支のデータをWeb経由で自動収集し、「環境家計簿」を作成して報告するなど、エコで経済的なくらしの実現に向けたサポートも行う。また、建物は業界最小の150mmピッチのモジュールで設計でき、室内は最大6mまでのビッグスパンが可能。深い軒を持つテラスと室内が、3.6mの大開口で緩やかにつながる大空間リビング「エアリー・オープンリビング」も大きな特長だ。

 パナソニックグループの住宅会社として、環境に配慮した住宅を「エコアイディアの家」として提供してきた同社。2010年4月には「CO2±0(ゼロ)住宅」の開発に着手し、同年7月には滋賀県東近江市の本社工場の研究棟にて居住実証試験を開始。商品化を目指して研究・開発を進めてきた。今回の「CASART TERRA」はその取り組みの商品化第一弾といえる。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース