1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > インターネット・セキュリティ(2)

インターネット・セキュリティのニュース(ページ 2)一覧

KDDIが日本国内の携帯契約者のユーザー情報を香港にあるサーバーで管理していたことが分かったそうだ。 04/08 08:28

世界のFacebookユーザー5億3300万人の個人情報が、ハッカーフォーラムで公開されていると報じられている。 04/07 17:59

2020年12月に暫定版として公開されていた「携帯電話ポータルサイト」が正式版となってリリースされた。 04/07 17:58

4月5日の夜頃から、5chなどでAtlassian社のタスク管理ツール「Trello」を公開設定で使っている企業の情報がGoogle検索などで表示されることが見つかり、就活生の個人情報や不採用理由などが丸見えになっていると漏洩騒ぎになっているようだ。 04/06 19:25

富士薬品は3月24日、ビジネス版LINEである「LINE WORKS」で、誤操作により友だち登録している顧客160人を含めたトークルームを作成、それによりニックネームとアイコンといった顧客情報が相互に閲覧できる状態となってしまったと発表した。 04/03 18:23

京都市立芸術大学は31日、4月に入学予定の学生135人の個人情報を流出させたと発表した。 04/03 10:41

家電量販店のエディオンは3月30日、デリバリーサービスのUber Eatsを利用して家電などの販売・配達サービスを始めた。 04/02 17:01

諸般の事情から一度は発表が延期されていた、NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」の新料金プランが発表された。 03/26 17:48

PNG画像に偽装することにより、Twitter上でファイルの共有が行える方法が発見されたそうだ。 03/26 08:06

ネット証券大手の松井証券の業務委託先企業の社員が、顧客のIDなどを不正に入手して勝手に有価証券の売却や現金の不正送金などを行ったとして3月24日に逮捕された。 03/25 17:46

Twitterは有料会員制度の計画を進めているという噂があるが、このための新機能がいくつか実験中であるようだ。 03/25 08:14

TwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、自身の最初のツイートをNon-Fungible Token(NFT)としてNFTプラットフォーム「Valuables」でオークションにかけられていた。 03/24 18:38

LINEユーザーの個人情報が中国や韓国の関連会社などから閲覧可能な状態になっていた問題で、23日に行われたデータの取り扱いを検証する第三者委員会の初会合の結果、韓国にサーバーに置かれていたデータに、LINE Payの利用者の出入金情報やどこで何を買ったのかという決済情報も含まれていたことが分かったそうだ。 03/24 18:37

格安SIM(MVNO)のIIJmio・mineo・イオンモバイルは12日、LINEを利用して年齢を確認する年齢情報通知へ対応すると発表した。 03/22 19:33

Apple CommunityでグループFaceTimeによるスパムの報告が増加している。 03/20 17:48

LINEのトークなどの個人情報が中国技術者によって閲覧できる状態だったことが報じられたが、これを受けてLINEは、ユーザーの個人情報の取り扱い状況を発表した。 03/18 17:40

2020年6月、GoogleがChromeのシークレットモードでも個人情報を集めているとの集団訴訟が米連邦地裁で起こされていた。 03/18 07:39

朝日新聞やNHKの報道によれば、国内のLINE利用者の個人情報が、中国企業の技術者からアクセス可能な状態であったことが分かったという。 03/17 18:01

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告