NVIDIA、Windows 7/8/8.1サポートするGame Ready Driverの更新を8月で終了

2021年6月13日 17:27

印刷

記事提供元:スラド

NVIDIAは11日、Windows 7/8/8.1のサポート終了計画を発表した(NVIDIAのサポート記事The Vergeの記事Neowinの記事Ghacksの記事)。

Windows 7/8は既にMicrosoftのサポートが終了しており、Windows 8.1のサポートも2023年1月10日で終了する。StatCounterのWindowsバージョン別シェアデータ5月分では3バージョン合計で20%を上回る一方、Steamでは全OSの3%程度にとどまる。GeForceのユーザーは大半がWindows 10へ移行しているため、NVIDIAは最大限のセキュリティやサポート、機能をユーザーに届けるためWindows 10に注力することにしたとのこと。

Windows 7/8/8.1をサポートするGame Ready Driverの更新は8月31日が最後となり、10月4日にはWindows 7/8/8.1をサポートしないバージョンがリリースされる。ただし、重要なセキュリティアップデートに限り、2024年9月までWindows 7/8/8.1への提供を続けるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | アップグレード | ソフトウェア | グラフィック | Windows

 関連ストーリー:
Dell、ゲーミングノートPC Alienware Area-51mの「前例のないアップグレード性能」は虚偽だと訴えられる 2021年06月08日
Linux Mint 20.2、コードネームは「Uma」 2021年06月04日
NVIDIA、RTX 3060の制限解除ドライバーを誤ってリリース。その影響でアキバから在庫消える 2021年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows 7Windows 8Windows 8.1NVIDIA

関連記事