メルぺイが一部加盟店で利用制限へ フィッシングメール急増で

2021年6月10日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

メルカリは8日、同社の決済サービス「メルペイ」に関して、一部加盟店での利用制限を行うと発表した。リリースによれば、メルカリを装った不審なメール・SMSが急増しており、ユーザーのメルペイアカウントにログインされ、不正利用される事例が発覚したためであるという。現時点で再開時期は未定だとしている。利用制限となる店名や被害の件数については公開されていないとのこと(メルカリITmedia)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | インターネット | お金

 関連ストーリー:
メルカリで不正アクセスによる情報流出。顧客情報やソースコードなど 2021年05月26日
PayPayとKyash、LINE Payでもゆうちょ銀行からの不正預金引き出しが発生。Kyashはイオン銀行からも 2020年09月16日
ゆうちょ銀行で「ドコモ口座」以外のサービスでも不正預金引き出しが発生 2020年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフィッシングメルカリメルペイ

関連記事

広告