ロボットがエレベーターを操作するための共通規格策定 経産省

2021年6月8日 08:28

印刷

記事提供元:スラド

経済産業省の「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会(RRI)」は4日、ロボットを導入し易い環境を構築するため、メーカーを問わずロボットとエレベーターが連携できるようにするための共通規格のドラフト版を制定した。これまでオフィスビルなどでロボットを導入するには、ロボットが通信可能なエレベーターの導入やエレベーターそのものの改修が必要だった(経済産業省プレスリリースロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会リリースImpress Watch)。

今回制定された「ロボット・エレベーター連携インタフェイス定義 RRI B0001 :2021 (Draft Rev.2.0)」では、ロボットとエレベーター間の通信連携のための規格が決められた。参加企業フィードバックを元にして規格のブラッシュアップを行い、新規設置のエレベーターだけでなく、既設のエレベーターにもレトロフィットが可能にする。必要最小限な機能を抽出、シンプルかつ安価なシステムで実現することを目指すとしている。2022年6月にフォーラム標準化を目指し、また国際標準化も進めるとしている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | ロボット

 関連ストーリー:
エスカレーターに立ち止まって乗ることを求める条例が成立、埼玉県 2021年03月30日
コロナ禍時代に合わせ、非接触で操作できるエレベーターの開発相次ぐ 2020年12月03日
宇宙エレベーターの代替案として月と地球をワイヤーのようなもので結ぶ「スペースライン」が提唱される 2019年09月19日
西から昇ったおひさまが東京スカイツリーのエレベーターで見えるのだ 2019年01月22日
名古屋城の木造天守復元事業、エレベーターを設置しない方針。何らかの代替案を募る 2018年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットIoT(Internet of Things)経済産業省

関連記事