中国で鳥インフルエンザH10N3型のヒトへの感染が確認される

2021年6月3日 17:31

印刷

記事提供元:スラド

中国国家衛生健康委員会は1日、江蘇省鎮江市の男性が鳥インフルエンザ(H10N3型)に感染したと発表した。この男性は4月28日に入院し1カ月後にH10N3に感染していることが判明したという。H10N3型のヒトへの感染が確認されたのはこれが初めて。中国側は家禽類からヒトへの偶発的な感染で、大規模な感染拡大リスクは低いと説明している。H10N3型は低病原性の鳥インフルエンザウイルスで、家禽類に重篤な疾患を引き起こすものではないとのこと(共同通信NHKBBC)。 

スラドのコメントを読む | ニュース | 医療 | 中国

 関連ストーリー:
韓国で猫への鳥インフルエンザ感染が確認される 2017年01月04日
東山動植物園で高病原性鳥インフルエンザ発生、一部の鳥は殺処分 2016年12月17日
米政府、インフルエンザウイルスなどを改変する研究への支援を止める方針 2014年10月25日
ヒトの免疫系を回避できる新型鳥インフルエンザウイルスが開発される 2014年07月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国鳥インフルエンザ

関連記事