Windows 10 バージョン21H1リリース、Windows 10Xの計画は中止に

2021年5月21日 08:42

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Microsoftは18日、Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update)を一般リリースした(Windows Experience Blogの記事Windows IT Pro Blogの記事Microsoft Security BaselinesWindows message center)。

21H1は確実なダウンロードを可能にするため、今後数週間は提供が絞り込まれる。当初、Windows Updateでの提供はバージョン2004以降限定となり、更新プログラムのチェックを実行すると表示される「Windows 10、バージョン 21H1 の更新プログラム」の「ダウンロードしてインストール」をクリックすればインストールできる。

バージョン2004/20H2にはイネーブルメントパッケージの形で提供され、サイズの小さい更新プログラムを実行して再起動すれば21H1の新機能が有効になる。「Windows 10のダウンロード」ページから更新アシスタントを入手してインストールすることもできるが、こちらはフルアップグレードになるため所要時間が長くなる。なお、同ページからダウンロードしたISOイメージは予告通りビルド19043.928のものだった。

21H1はセキュリティやリモートアクセス、品質の向上を主体とした小規模な機能アップデートであり、目立つ新機能は少ない。なお、バージョン1909以降への提供が発表されている「ニュースと関心事項」に関しては、アップデート前(20H2)に表示されていなかった環境では21H1にアップデートしても表示されるようにならなかった。

21H1の一般リリースと同時に、「Windows 10X」という名前の製品を今年リリースしないことが正式に発表された。Windows 10XはデュアルスクリーンPCに最適化されたWindowsとして2019年に発表され、2020年のホリデーシーズン発売予定のSurface Neoに搭載する計画が示されていた。しかし、2020年5月には当初シングルスクリーンデバイスに投入する計画が示され、その後Surface Neoの特設ページは削除されている。

既にWindows 10 Insider Previewには新しい音声認識サービスなどWindows 10Xの機能が取り入れられ始めており、Windows 10Xの製品化は中止との見方が広がっていたが、正式に中止が発表されるのは今回が初めてだ。MicrosoftはWindows 10Xのテクノロジーが当初想定していたよりも幅広いユーザーに有益であることに気付いたとし、Windows 10やその他の製品への統合を加速していくと述べている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | Windows | IT

 関連ストーリー:
Windows 10 21H1は「May 2021 Update」 2021年04月29日
Windows 10のタスクバーにニュースを表示する機能、バージョン1909以降で提供へ 2021年04月25日
Windows 10 Insider Preview、初の21H1ビルドが提供開始 2021年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows UpdateSurface

関連記事