子供の数、40年連続減少 1500万人を割る

2021年5月5日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

5月5日のこどもの日にちなみ、総務省統計局が2021年4月1日現在の子供の数(15歳未満の人口)を推計している(統計トピックスNo.128)。

子供の数は前年から19万人減少して1,493万人。40年連続の減少となった。男女別では男子が765万人、女子が728万人と、男子が37万人多く、人口性比は105.0となっている。記事には1950年以降のデータしかないが、子供の数は1920年の第1回国勢調査の時点で2,000万人を超えていたため、データがある中では過去最少であり、初めて1,500万人を割ったことになる。

総人口に占める子供の割合は前年から0.1ポイント減少して11.9%となった。子供の割合は47年連続で減少しており、2013年以降は12%台で推移していたが、今回初めて12%を割った。子供の割合を諸外国と比較すると、日本が最も低い水準だという。

なお、今回は都道府県別の推計値が省略されている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 統計

 関連ストーリー:
新成人の数、2年ぶりに増加して124万人 2021年01月11日
16年連続で増加する高齢者の就業者数、COVID-19の影響により4月のみ前年同月比で減少 2020年09月21日
子供の数は39年連続で減少、愛知県では100万人を割る 2020年05月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省こどもの日

関連記事