Microsoft、Officeで英文編集時のデフォルトフォントを変更する計画

2021年5月4日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftがOfficeで英文編集時のデフォルトフォントを現在のCalibriから変更する計画を発表し、候補となる5つの新フォントに対する意見を募集している(Microsoft 365 Blogの記事Windows Centralの記事Neowinの記事Microsoftのツイート)。

Calibriは2007年にそれまでのTimes New Romanを置き換える形でデフォルトフォントになり、スラドでは文書偽造証拠としてたびたび話題になった。候補の新フォントは「Bierstadt」「Grandview」「Seaford」「Skeena」「Tenorite」の5つ。いずれもサンセリフ体だが、Seafordは他のフォントよりも線の太さの変化が大きく、ドイツの昔の道路・鉄道標識にインスパイアされたというGrandviewは四角っぽい。このほかドットが丸いものや四角いもの、小文字の「a」や「g」が手書きのブロック体のような「ɑ」「ɡ」(single-storey a/g)になっているもの、小文字の「l」が「I」と見分けやすい「ɭ」になっているものがある。

Microsoft 365サブスクライバーはクラウドフォントを有効化することで5つの新フォントを利用できる。意見を送るにはフィードバックを利用するか、ソーシャルメディアでコメントすればいい。Windows Centralの投票ではTenoriteの人気が高いようだ。スラドの皆さんはどのフォントが好みだろうか。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | グラフィック

 関連ストーリー:
Microsoft、新等幅フォント「Cascadia Code」をオープンソースで公開 2019年09月23日
当時存在していなかったフォントを使用していたために偽造文書であることがバレた案件、再び 2019年01月22日
Windows 10にモリサワの「BIZ UD」フォント6書体が追加 2018年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsOfficeMicrosoft 365

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告