ロシア連邦反独占庁、App Storeでの反競争行為でAppleに13億円超の制裁金

2021年5月2日 17:25

印刷

記事提供元:スラド

ロシア連邦反独占庁(FAS)は4月26日、Appleが独占禁止に関するロシア連邦法に違反したとして、制裁金906,299,392.16ルーブルの支払を命じた(ニュースリリースThe Vergeの記事Mac Rumorsの記事)。

本件はペアレンタルコントロールアプリに関するAppleの反競争行為を2019年にKaspersky Labが訴えていたものだ。FASは2020年8月、AppleがiOSにおけるモバイルアプリ市場で独占的な立場を悪用し、自社製のペアレンタルコントロールアプリの競争力を高める一方で競合製品に不利な扱いをする反競争行為を行っていたと判断。ドキュメントからAppleのガイドラインを満たすアプリの公開を拒否する権利を定めた条項を削除するなどの改善命令を出している。ただし、Appleが上訴したため命令はまだ実施されていないとのことだ。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | ソフトウェア | 政治 | アップル | iOS

 関連ストーリー:
Apple、iOSのコンテンツ配布手段はApp Storeに限られないと主張 2021年03月29日
米ノースダコタ州上院、アプリストアによる独占を禁ずる法案をあっさり否決 2021年02月20日
Cydia運営会社、AppleがiOSアプリ市場を不当に独占しているとして提訴 2020年12月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleロシアKaspersky

関連記事