ライフ RSS

 

Kindleアプリで英語力アップ! 洋書多読にKindleが最適な3つの理由

2021年4月21日 07:41

小

中

大

印刷

©Sharaf Maksumov/123RF.COM

©Sharaf Maksumov/123RF.COM[写真拡大]

写真の拡大

 英語力を身につけるには英文の多読が有効だが、日本で紙のペーパーバックを多読するのは様々な理由から難しいことが多い。そこで今回は、そのような英文の多読を簡単、快適にしてくれる「Kindleアプリ」を紹介したい。

【こちらも】iPhoneの知らないと損する英語学習に便利な隠し機能とは

■英単語の意味が瞬時に分かる

 Kindleアプリはスマホやタブレット向けの電子書籍リーダーアプリであるが、洋書を読むのに非常に最適なツールである。

 Kindleアプリでは、洋書などの英文を読む際、画面に表示されている英単語を指で長押しするだけで、その英単語の意味が画面上に表示される。この時、辞書の表示が出ると同時に、英文の本文が表示されたままなので、読書のスピード感を失うことなく英単語の意味を調べられる。

 電子辞書やスマホアプリの辞書を別途で使う場合、単語を調べるたびに読書が中断されてしまうが、Kindleアプリであればそうした不都合もなく、快適な読書ができる。

■スマホの音声読み上げ機能と相性抜群

 Kindleアプリとスマートフォンの音声読み上げ機能を組み合わせることで、擬似的な洋書のオーディオブックを作ることもできる。Android、iOSいずれのOSでも、適切な設定をすることでスマートフォン上に表示されたテキストを読み上げられる。

 この設定方法の詳細は割愛させて頂くが、スマホの読み上げ機能とスマホにダウンロードした洋書の電子書籍を組み合わせれば、擬似的なオーディオブックの完成だ。手が塞がっていても耳から洋書を楽しめるようになる。

■Kindleの洋書は安い

 Kindleアプリで購入できる電子書籍、特に洋書はその価格が紙の本と比較して割安なケースが多い。例えば人気の洋書、ハリーポッターと賢者の石をAmazonで購入すると紙の書籍の場合、2,472円である。それに対し、電子書籍版は1,199円である。

 このように洋書の電子書籍版は紙版に比べて、半額以下の値段で買えることも珍しいことではないので、洋書を読む際には積極的に活用したい。

 KindleアプリはAndroid、iOSいずれのOSでも利用できるので、これから洋書を読もうと考えている方はぜひ活用してみて欲しい。(記事:佐藤辰則・記事一覧を見る

関連キーワードAmazon電子書籍

関連記事

広告