mineo、「ドライブパッケージ」提供へ カーナビ・ドラレコ・車内Wifiがセットに

2021年4月19日 18:40

小

中

大

印刷

「mineoドライブパッケージ」使用イメージ(画像:オプテージ発表資料より)

「mineoドライブパッケージ」使用イメージ(画像:オプテージ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 オプテージは4月20日より、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」において、「mineoドライブパッケージ」の提供を開始する。タブレットもしくはスマートフォン端末とmineoのシングルタイプ(データ通信のみ、音声通話なし)SIM、パケット放題オプションなどをセットにしており、タブレット(もしくはスマホ)を車内にセットすれば、カーナビ、ドライブレコーダー、車内Wi-Fiの3つが使用できる。

【こちらも】クルマからボールまで対応のポータブル電動ポンプ、クラファンで販売

 近年、カーナビは当たり前のように装備されているが、ドライブレコーダーを車内に装備するには、カーナビとは別に用意する必要があった。また、車内で快適に動画を視聴する場合、別途Wi-Fiルーターも用意しなければならなかった。

 「mineoドライブパッケージ」では、タブレット「Lenovo tab M8」もしくは、スマートフォン「Motolora moto e6s」の端末に、データSIMやカーナビアプリ(Googleマップ)、ドラレコアプリ(mineoドライブレコーダー)などをセットにしている。

 ドライブレコーダーは、アウトカメラとインカメラの両方が使用できるため、前方と車内・後方のどちらも撮影可能だ。自動録画や衝撃検知、録画位置情報も確認できるほか、録画データのシェアも可能だ。車内での脱着も容易なため、クルマで使用しない時は端末のみの使用も可能。

 オプテージでは、2020年3月に体験モニターを募集してテストを実施。募集人数100名のところ、1万名の応募があり、実際にモニター使用した人たちの7割以上が満足したと回答したという。今回、体験モニターで寄せられた課題を改善し、mineoドライブパッケージに反映している。

 パッケージには、パケット放題オプション(最大500kbps)も含まれることから、車内Wi-fiとして利用することも可能。

 パッケージにはその他、遮熱カバーと車載ホルダーも含まれ、価格は、初期費用が3,740円、月使用料が1,265円。端末代金は別途必要となる。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連キーワードWi-Fi(無線LAN)ドライブレコーダーmineo

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告