“都内で最も高い屋外展望台”六本木ヒルズ「スカイデッキ」ライトアップ、大都会の夜景×幻想的な光

2021年4月19日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 東京・六本木ヒルズ展望台の「スカイデッキ」のライトアップが、2021年4月22日(木)よりスタートする。

■“海抜270メートル”都内随一の高さを誇る展望台がライトアップ

 六本木ヒルズ森タワーの屋上に位置する「スカイデッキ」は、“都内で最も高い屋外展望台”として知られる絶景スポット。都心に位置する六本木ヒルズ森タワーの海抜270メートルの高さを誇る最頂点から、東京のビル群を一望することが出来る。

 そんな「スカイデッキ」で、六本木ヒルズ展望台のリニューアルに伴い、ライトアップ企画がスタート。ライトアップは“月の満ち欠け”に合わせて変化する仕様となっており、“新月”と“満月”の2バージョンと、季節に合わせたシーズナルバージョンによる全3タイプの光の演出を実施。幻想的な光に包まれながら、360度パノラマの東京の夜景を眺めることが可能だ。

■施設内ショップ&レストランもリニューアル

 なお、六本木ヒルズ展望台のリニューアルでは、施設内のショップやレストランも装い新たにリニューアルオープン。

レストラン「ザ サン&ザ ムーン(THE SUN&THE MOON)」は、珍しい植物たちをまるで浮かんでいるかのように天井からディスプレイした新たなデザインの空間に。「東京シティビュー」内のスーベニアショップは、店内に新たに“イベントウォール”を設置し、季節ごとにアーティストが提案するお土産グッズを紹介していく。

【詳細】
六本木ヒルズ展望台「スカイデッキ」ライトアップ
オープン日:2021年4月22日(木)
営業時間:11:00~20:00(最終入場19:30)
住所:東京都港区六本木6-10-1
チケット料金(六本木ヒルズ展望台入場料+スカイデッキ入場料):
・平日
当日窓口 一般 2,500円/学生(高校・大学生) 1,800円/子供(4歳~中学生) 1,000円/シニア(65歳以上) 2,200円
・土日休日
当日窓口 一般 2,700円/学生(高校・大学生) 1,900円/子供(4歳~中学生) 1,100円/シニア(65歳以上) 2,400円
※六本木ヒルズ展望台は4月27日(火)リニューアルオープン。
※4月27日(火)から5月11日(火)の期間は20:00閉館。(最終入館19:30)
※料金は各催事の内容や曜日などによって異なる。詳細はホームページを要確認。
※スカイデッキへの入場は別途500円(4歳~中学生300円)。
※森美術館、森アーツセンターギャラリーへの入館は別料金。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード六本木ヒルズ

関連記事

広告