PHP、不正なコミット発生を受けてリポジトリをGitHubへ移行

2021年3月31日 18:07

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 PHPメインテナーのNikita Popov氏は3月28日、独自にgitインフラストラクチャーを維持するのは不要なセキュリティリスクになるとして、git.php.netを廃止してこれまでミラーだったGitHubのリポジトリを正規のリポジトリにする計画を発表した(PHPのニュース記事The Registerの記事)。

GitHubへの移行のきっかけとなったのは、3月28日にPHPクリエイターのRasmus Lerdorf氏とPopov氏の名前で不正なコミットが行われたことだ。不正なコミットに含まれるのは、User-Agent HTTPヘッダーの文字列が「zerodium」から始まっている場合にヘッダー内のコードを実行するコード。まずLerdorf氏の名前でコミットされ、Popov氏がコミットを取り消したが、Popov氏の名前で取り消しが取り消されている。まだ攻撃の全容は明らかになっていないが、個別のアカウントが侵害されたのではなく、git.php.netのサーバーが侵害されたとしか考えられないという。そのため、調査を続ける一方でGitHubへの移行を決めたとのこと。

GitHubに移行することで、リポジトリへの書き込みアクセスを行うにはphp organization(組織アカウント)のメンバーに含まれるGitHubアカウントが必要となる。まだ組織アカウントのメンバーになっていない場合や、可能なはずのアクセスができない場合にはPopov氏に連絡してほしいとのこと。なお、組織アカウントのメンバーになるには2要素認証を有効にする必要があるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | デベロッパー | PHP

 関連ストーリー:
Microsoft、PHP 8.0をサポートしないと公式に表明 2020年07月17日
6月のTIOBE Index、Rustが初のトップ20入り 2020年06月11日
PHP、25周年。これを祝ってJetBrainsが年表を公開 2020年06月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGitHubPHP

関連記事