回転寿司店で最高に食べた皿数、男性は平均18.4皿 女性は平均12.7皿

2021年3月29日 19:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

食品会社のマルハニチロが24日、「回転寿司に関する消費者実態調査 2021」を発表した。この調査は月に1回以上回転寿司店を利用する約3000名を対象に行われた調査。昨年のコロナ禍が回転寿司に与えた影響について、この調査では、回転寿司店の店内で食事をすることが「増えた」は9.7%、「変わらない」は48.9%、「減った」は41.4%となった。やはりコロナ禍の影響で店内での食事の利用を控える傾向は出ているようだ(~マルハニチロ「回転寿司に関する消費者実態調査 2021」~[PDF])。

ちなみに回転寿司店で何皿程度食べることが多いかという質問では、男性で「5皿~9皿」(41.8%)や「10皿~14皿」(39.0%)が最も多かった。男性での平均は9.5皿だった。女性に関しては「5皿~9皿」(58.7%)に最も多く、平均では8.1皿だった。これまでに最高で何皿食べたことがあるかに関しては、「10皿~14皿」(31.8%)が最も多かった。男女別にみると、男性平均は18.4皿。女性では平均は12.7皿となっていた。

 スラドのコメントを読む | 統計

 関連ストーリー:
台湾スシローで名前で無料で食べられるキャンペーン。適用のために実名を改名した客も出る 2021年03月19日
意匠法改正による意匠登録始まる。画像によるデザインや建物の内装外装デザインも登録可能 2020年11月12日
くら寿司の席の注文用端末、Raspberry Pi 4に移行中か 2020年05月30日
消費税の10%への引き上げに関連したシステム障害、複数企業で発生 2019年10月02日
くら寿司、予約や事前注文ができるスマホアプリリリース 2019年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルハニチロ

関連記事

広告

財経アクセスランキング