Mac OS X、20周年を迎える

2021年3月27日 16:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AppleのMac OS Xが24日、発売20周年を迎えた(Mac Rumorsの記事Computerworldの記事)。

Mac OS Xは2000年9月発表のPublic Betaを経て2001年1月に正式版がアナウンスされ、2001年3月24日に発売された。オープンソースのOS「Darwin」をベースに、Aquaユーザーインターフェイスを搭載したMac OS Xは初めからインターネット向けに設計・開発された最初のOSで、Appleに一大転機をもたらした。

Mac OS Xの名称はバージョン10.8以降「OS X」となり、バージョン10.12以降はiOSやtvOSなどと命名規則を統一するため「macOS」に変更された。また、バージョン10.0のCheetahから10.8のMountan Lionまでネコ科の動物の名前が付けられていたが、10.9 Mavericks以降はカリフォルニア州の地名に変更されている。バージョンは長らく10.xだったが、最新版のBig Surでバージョン11.xになった。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | MacOSX | アップル

 関連ストーリー:
macOS Big Sur 11.2.2リリース、非準拠のサードパーティ製電源内蔵USB-Cハブやドックの接続で故障する問題を修正 2021年03月01日
「macOS Sierra」発表、「OS X」から名称変更に 2016年06月14日
OS Xの新バージョン「Mavericks(10.9)」リリース、無料でアップグレード可能に 2013年10月23日
OS X® Mountain Lion 登場 2012年07月26日
Mac OS Xはネコ科 2002年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleMacOS Xオープンソース

関連記事