一卵性双生児は同一の遺伝情報を持っているとは限らない

2021年3月19日 16:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

一卵性双生児は、同一の遺伝情報を持っているとされ、宇宙での研究などにも活用されてきた。ところが必ずしも同じとは限らないらしい。このこと自体は2008年に米アラバマ大学の研究チームが示していたそうだが、今年になってアイスランドの医薬品会社の研究チームが、一卵性双生児381組を対象に調査を行った結果が発表されたそうだ(ニューズウィークnature)。

それによると初期発生段階で平均5.2個の突然変異が起きており、それにより一卵性双生児は異なる遺伝情報を持っているのだという。調査対象のうち39組で100個以上の突然変異があったとしている。反対に遺伝情報がまったく同じだったのは38組だったとのこと。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
元NASA宇宙飛行士マーク・ケリー氏、米上院議員に当選 2020年11月06日
一卵性双生児の宇宙飛行士を対象にした長期の宇宙滞在における生物学的変化の研究、論文が発表される 2019年04月14日
マーク・ケリー元宇宙飛行士、次のミッションは連邦議会を目指す 2019年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告