NASA、火星探査機PerseveranceのSuperCam搭載マイクで録音した音声公開

2021年3月14日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

火星探査機PerseveranceのSuperCam搭載マイクで録音した音声ファイル3本をNASAが公開している(NASAジェット推進研究所のニュース記事)。

SuperCamはレーザーで微量の岩石を昇華させて成分を分析するための機材で、レーザーが岩石に当たった時の音を聞くためにマイクを搭載している。NASAは2月にPerseveranceが火星で録音した風の音を公開しているが、SuperCamとは別に火星の大気圏突入・降下・着陸(EDL)を記録するために搭載した楽器用マイク(DPA 4006)で録音したものだ。

今回公開された音声は、2月19日(Sol 1)2月22日(Sol 4)に録音した風の音と、3月2日(Sol 12)に録音したレーザーが岩石に当たる音だ。DPA 4006が録音した風音は吹かれ音のような感じだったが、今回の風音はより風の音らしく聞こえる。レーザーが岩石にあたる音はカチッ・カチッという感じで、30回ほど繰り返されている。なお、NASAは2月にDPA 4006で2月20日に録音した音声を公開した際、火星での史上初の音声録音と説明していたが、SuperCamの最初の録音の方が先だったようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | メディア | 火星 | サイエンス | 宇宙 | NASA | 音楽

 関連ストーリー:
火星の空飛ぶLinux 2021年03月12日
NASAの火星探査車Perseverance、史上初めて音声用マイクで火星の音声を録音 2021年02月24日
NASAの火星探査車 Perseverance、火星に無事着陸 2021年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA火星

関連記事