「Rakuten Link」で個人情報漏洩、楽天モバイルに7度目の行政指導

2021年3月11日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

総務省は3月10日、楽天モバイルに対して個人情報および通信の秘密の保護の徹底を行うよう指導を行う文書を発表した。この文書によると、楽天モバイルが提供している「Rakuten Link」アプリケーションにおいて、2020年10月に個人情報の漏洩が、11月には通信の秘密の漏洩が発生していたという(総務省楽天モバイル)。

10月に発生した第1事案では、回線契約を解約した利用者がRakuten Link上に登録してあった個人情報が、同じ電話番号を割り当てられた新たな契約者が閲覧できるようになっていたとしている。具体的には登録名、プロファイル画像、連絡先情報が見られるようになっていたとしている。

11月の第2事案では、Rakuten Linkの機能強化のためのサーバー側システムの再起動中、新たにアプリの利用を開始した利用者から、別の利用者の発着信履歴、登録名、プロファイル画像、電話帳、チャット履歴が閲覧可能な状態となっていたとしている。

総務省はこの二つの事案が個人情報および通信の秘密の保護に違反したとして、再発防止に努めるよう文書で指導を行った。総務省の発表後に楽天モバイルもリリースを出している。これによると第1事案が発生したのは2020年10月5日で個人情報が漏れたのは1名であるという。第2事案は2020年11月13日に発生、情報漏洩が確認されたユーザー数は15名だったとしている。なお日経新聞によれば、楽天モバイルへの行政指導が行われるのは今回で7度目だとしている(日経新聞)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ニュース | 携帯電話 | 政府 | 携帯通信 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
福井のケーブルテレビ局、楽天モバイルに技術サポートを求める異例の発表 2021年03月09日
楽天モバイル、プラン料金1年無料キャンペーンの受付を4月7日に終了 2021年03月02日
楽天モバイルが新料金プランを発表。データ使用量に合わせて料金が自動可変。1GBまでは無料 2021年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省楽天モバイル

関連記事