6月開始の「農の雇用事業」など、支援受付始まる

2021年2月19日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 農水省は農業法人などが就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対し支援を行う「農の雇用事業」「就職氷河期世代雇用就農者実践研修支援事業」の6月研修開始分の募集を17日から開始した。3月22日まで受け付ける。

支援タイプは3種あり(1)雇用就農者育成・独立支援タイプは農業法人などが就農希望者を新たに雇用し研修する場合、年間最大120万円を最長2年間支援。研修生が障がい者、生活困窮者、刑務所出所者の場合は年間30万円が加算される。

 (2)農業法人などが新たな農業法人の設立を目指す者を雇用し、農業技術や法人設立に必要な経営ノウハウ等を習得させるために行う場合は年間最大120万円を最長4年間支援する(3年目以降は年間最大60万円)。

 (3)農業法人などがその職員等を次世代の経営者として育成するため、先進的な農業法人や異業種の法人へ派遣して行う実践研修に対して年間最大120万円を最長2年間支援する。

事業主体は一般社団法人全国農業会議所(全国新規就農相談センター)で、募集要領、申請様式は全国新規就農相談センターのホームページか各都道府県の農業会議等で入手できる。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
農薬での人的被害 2019年度23人、誤飲も
バイオ技術など日ロ共同研究事業公募受付始まる

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース