セキュリティ投資、非接触認証のバイオメトリクス等中心に22年には1兆円市場に

2021年2月18日 08:15

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

富士経済がセキュリティ関連の国内市場調査。2020年は新型コロナの影響で縮小

富士経済がセキュリティ関連の国内市場調査。2020年は新型コロナの影響で縮小[写真拡大]

写真の拡大

 DX化の進展に伴いセキュリティ投資も活発化してきているが新型コロナウイルス感染症の流行に伴い非接触型セキュリティへの関心も高まっているようだ。

 1月26日、総合マーケティング業の富士経済がコロナ禍におけるセキュリティ関連の国内市場の状況を調査した結果レポートを公表している。レポートによれば、2019年は翌年に開催が予定されていた東京五輪に向けた関連施設の建設、都市再開発、企業の設備投資の拡大などにより、新築ビルや公共インフラで需要が増加し、リプレース需要も堅調だったことから、アクセスコントロール分野や監視カメラシステム分野が二桁近く伸び市場は大きく拡大した。

 しかし、20年に入り、新型コロナウイルス感染症の影響で企業の設備投資抑制や導入計画の延期などにより市場は縮小したと見込まれる。特に監視カメラシステム分野やアクセスコントロール分野が落ち込んでいるが、イベント監視・通報関連機器分野や家庭向け機器・サービス分野は、定期的なサービス料金が主な収益源である法人向け機械警備サービス、ホームセキュリティサービスが中心なことから市場は安定しているとみられる。

 現在は、新型コロナ感染症の対策を目的とした製品やソリューションの需要が増えており、サーマルカメラによる自動体温検知と顔認証などのアクセスコントロール機器を連携させたソリューションや、非接触を可能とする空中入力システム、深紫外線LEDの空間除菌装置などが注目されているようだ。今後は、リプレース需要が一巡している防災関連システム・サービス分野の伸びは小さいが、バイオメトリクスが好調なアクセスコントロール分野、ドライブレコーダーが好調な自動車分野が高い伸びを示す見込みだ。

 顔認証は、現状普及している生体認証の中では完全な非接触での認証が可能であることから、新型コロナウイルス感染症の影響により需要が高まっている。20年のバイオメトリクス市場全体としては169億円で前年比99.4%と縮小だが、顔認証のみでは32億円で前年比110.3%とふた桁の伸びが見込まれる。23年には86億円と19年比で3倍の市場になると予測されている。

 セキュリティ関連市場全体では、20年に9691億円、前年比99.1%と縮小だが、23年には1兆147億円に達し、19年比103.8%と緩やかに成長すると予測されている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
DXでデータ量が急増。データ・マネジメント市場、データ準備製品が牽引し180億円市場に
労務担当者、改革、コロナで年末調整で混乱。8割超えがテレワークできず
コロナ禍の労務管理。管理層の育成、離職防止でサーベイなど人事領域のDX化進む

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティ富士経済ドライブレコーダー新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース