国際 RSS

 

米国、月1TB以上のデータ通信量を消費する家庭が過去1年で約2倍に増加

2021年2月18日 08:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ブロードバンドベンダーのOpenVaultは11日、ブロードバンドインサイトレポートを発表した(OpenVaultArs Technica)。

この調査によれば、コロナ禍の影響により各家庭でのデータ通信量が増加しており、平均加入者の14.1%が1か月あたり1TBを超えるデータを消費しているという。データ量の増加は2020年の第1四半期ごろから始まっており、2019年第4四半期には米国で月1TB以上のデータ利用者は7.3%だったのに対して2020年第3四半期には同8.8%に。そして2020年第4四半期には同14.1%にまで増加している。2020年が終了した段階では加入者は平均して500GB以上の通信を行う傾向になっているそうだ。

あるAnonymous Coward 曰く、 OpenVaultの調査曰く、2019年第四四半期と2020年第四四半期を比べてアメリカでインターネット契約接続契約している家庭のうち、1TB以上使うのは7.3%から14.1%と約2倍に増加。AT&TなどのISPは契約上同一料金で月1TBの制限を課しているが、データ量増加を受けてコムキャストは去年最大転送量を月1.25TBまで拡大するなどしている。月2TB以上使うのは全体の2.2%もいる。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
スマホ20GB/月以上のプラン契約者、実際に20GBまで利用するユーザーは10%程度 2020年12月15日
「大人2人、中校生1人、小学生1人の家庭」での固定インターネット回線のデータ通信料は「月間約45GB」との推定 2020年03月11日
Google Play プロテクトのマルウェア検出性能は向上していないのか? 2019年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース