Twitter、ユーザー参加型のデマ対策機能を米国で試験導入

2021年2月13日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitterは1月25日、公式ブログ上で「バードウォッチ(Birdwatch)」と呼ばれる仕組みを米国内でテストすると発表した。このBirdwatchは誤解を招く恐れのあるツイートに対し、別のユーザーが事実関係を補足するメモを追加できるようにするもの。追加されたメモの内容の正当性に関して、別のユーザーがファクトチェックするための仕組みも構築するという(Twitter公式ブログTwitterのBirdwatchについて日経新聞Forbes)。

追加されたメモはいきなりツイート上に表示されるのではなく、Birdwatchのウェブサイト上で閲覧できるようになる(現在は米国ユーザーのみ閲覧可能)。テスト中の機能の使い方や詳細については、Birdwatchガイドなどから知ることができる(Birdwatch Guide)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | IT

 関連ストーリー:
ルイ・ヴィトン、ジャマイカの国旗の色をラスタカラーと間違える 2021年02月11日
オリンピックの公式Twitter、ヘッダー画像を東京五輪から北京冬季五輪に差し替え 2021年02月10日
ある裁判所資料によれば、Twitterはアクセスログを2か月しか保存していない 2021年02月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

関連記事

広告