天然アミノ酸の5-ALAが新型コロナウイルスの増殖を抑制 長崎大らの研究

2021年2月10日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

長崎大学とネオファーマジャパンは、「5-アミノレブリン酸(5-ALA)」を用いた特定臨床研究の結果、5-ALAがCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対して強い感染抑制効果があることを発見したと発表した(長崎大学リリースScienceDirect5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いた特定臨床研究開始のお知らせ[PDF]TBSNEWS)。

研究チームは試験管内で一定量以上の「5-ALA」を投与した場合、SARS-CoV-2の感染能力を強力に阻害することを実証したとしている。この抗ウイルス効果は、ヒト細胞と非ヒト細胞の両方で認められており、毒性もなかったという。5-ALAは天然のアミノ酸で赤ワインや納豆などの発酵食品に多く含まれているそうだ。 

スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
政府、GOTOキャンペーンを見直しに 2020年11月26日
東大、現物の新型コロナウィルスを使用してマスクの効果を実験。マスクは効果があると判明 2020年10月23日
市販の洗口液でヒトコロナウイルスを不活性化できる可能性を示す研究成果 2020年10月23日
ウォルマートの従業員、万引き監視AIの誤作動に不満 2020年06月04日
新型コロナの細胞への感染を抑える抗体、北里大などが開発 2020年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース