2020年は自動車の盗難が大幅に減少

2021年2月8日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

警察庁が2月4日発表した「令和2年1~12月犯罪統計【暫定値】」によると、自動車の盗難犯罪が前年比27.1%減となったという。自動車盗の検挙件数は同21.8%減の3007件だという。盗難件数は茨城県が821件と最も多く、大阪府が789件、千葉県が670件、愛知県が500件という順になった。

コロナ禍の影響で在宅勤務等が増え、家に居ることが増えたことで盗難がしにくくなったこと、入国制限で海外からの自動車窃盗団の入国が減ったためではないかとレスポンスの記事では推測している(レスポンス)。

なお窃盗犯罪全体で見ても大幅に減少している。2019年の認知件数(犯罪発生件数)が53万2565件であったのに対して、2020年は41万7316件と10万件以上の減少となっている。2016年以降のデータでは一番の減少率となっている。

 スラドのコメントを読む | 犯罪 | 統計 | 交通

 関連ストーリー:
Facebook、従業員29,000人分の給与情報を保存したハードディスクを盗まれる 2019年12月18日
盗難にあったTesla車、アプリの位置情報が容疑者逮捕につながる 2019年03月02日
オランダ警察、犯人が乗る自動車の自動運転機能を遠隔操作して逮捕する研究 2018年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード在宅勤務警察庁

関連記事

広告