ネット通販の置き配利用経験者は3割 コンビニなど店舗での受け取りとほぼ同割合

2021年2月6日 15:51

印刷

記事提供元:スラド

MMD研究所が2日発表した調査によると、通販注文した荷物を玄関前に置いておく「置き配」を利用した経験者は全体の30.8%いるという。置き配自体の認知度は「知っている」、「名前だけ聞いたことがある」を合わせて全体の85.6%と高くなっており、仕組み自体も約6割は把握しているそうだ。同研究所では、全国の18~69歳男女4373人を対象に予備調査を行い、その中から置き配を使った経験のある336人を対象に情報を集めたという(MMD研究所)。

ネット通販の利用経験者3812人を対象に、使ったことのある受け取り方法を聞いたところ「自宅での対面受け取り」が最も多く85.4%、次に「置き配」が30.8%、「コンビニなど店舗での受け取り」が28.7%となった。さらに自宅等の「宅配ボックス」が21.9%ほどおり、宅配業者等の「営業所での受け取り」は21.6%、「職場受け取り」も11.3%ほどいたとのこと。

置き配の場所に関して一戸建て居住者192人に聞いたところ、「玄関前」が最も多く87.5%、次に「自転車かご」が10.9%、「物置」が10.4%だったとのことた。マンション・アパート居住者の141人に関しても、同様に置き配の場所を聞いたところ、同じく「玄関前」が最も多く77.3%。次点は「ガスメーターボックス」で19.9%。管理人などに預るが14.9%だったとのこと。 

スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 統計

 関連ストーリー:
「置き配」で配送された商品が盗まれたとの相談が増加 2020年05月11日
Amazon、置き配を標準とするエリアを30都道府県に拡大 2020年03月24日
アマゾンジャパン、置き配をデフォルトとする実証実験エリア拡大 2020年01月25日
Amazon、「置き配」を標準の配送方法とする実証実験を岐阜県で実施へ 2019年09月17日
Amazon.co.jpの「置き配」、指定していないにも関わらず勝手に荷物を玄関に置かれていたという事案 2019年03月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMMD研究所宅配ボックス

関連記事