ソースコード流出事件を受けて、GitHubの監視サービスがスタート

2021年2月2日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日のGitHubへの社内コード流出騒ぎを受けて、早速ソースコードがGitHub上に流出していないかをチェックするというサービス「LeakCop(リークコップ)」を始める企業が登場している。ASCIIの記事によれば、このサービスを始めるのはメタエクスという企業で、サービスは3月から開始予定とのこと。利用方法は利用者が監視用のキーワードをサービス上に登録すればよいという(PR TIMESに掲載されたリリースASCII)。

例えば、サービスに自社名などを含むソースコードのコピーライトを登録すれば自動でモニタリングを行うそうだ。流出検知時にはメールまたはSlackで通知するとのこと。現時点では料金体系などの詳細については不明。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
年収を査定してもらうためとして、SMBC証券の業務コードを公開していたことが発見される 2021年01月29日
日産の社内ツールやソースコードがサーバーの設定ミスで流出 2021年01月08日
Microsoft、SolarWindsの悪用攻撃によりソースコードを閲覧される 2021年01月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGitHub

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
 

広告

ピックアップ 注目ニュース