富士フイルム、大判センサー搭載の1億画素ミラーレスカメラ「GFX100S」発表

2021年1月30日 20:18

印刷

記事提供元:スラド

富士フイルムは、有効約1億200万画素のセンサーを搭載したミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX100S」を発表した。通常のフルサイズセンサーよりも約1.7倍の大きさであるラージフォーマットセンサーを採用している。センサーと画像処理エンジンはGFX100と共通だが、動体予測や顔・瞳検出のアルゴリズムには変更が加えられているという。想定価格はボディのみで69万9000円前後。GFX100の実売価格125万円よりも大幅に安価になった(富士フイルムデジカメWatchITmedia)。

同社が2019年6月発売に発売したGFX100をダウンサイジングしたもので、GFX100の1320gから約500gほどの軽量化が図られ本体重量は約900gになった。手ブレ補正機構は5軸/最大6.0段となり、GFX100よりも体積を約20%削減しつつも、0.5段のスペックアップを果たしたとしている。動画は4K/30Pまでの撮影に対応。4:2:2 10bitのハイダイナミックレンジ撮影に対応する。GFX100に関しては併売されるとのこと。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | グラフィック | ニュース | IT

 関連ストーリー:
ソニー、8K30p動画に対応したフラッグシップカメラ「α1」を発表。お値段90万円前後 2021年01月27日
キヤノン、2.5億画素の超高解像度および0.0005luxに対応した低照度CMOSセンサー発表 2020年10月21日
ミラーレスカメラ「LUMIX S5」、これまでの顔・瞳・人体に加え頭部も認識し人物追随AF向上 2020年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードミラーレスデジカメ富士フイルム

関連記事