ソニー、8K30p動画に対応したフラッグシップカメラ「α1」を発表

2021年1月28日 09:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

nagazou 曰く、 ソニーは27日、8K30p動画に対応したフルサイズミラーレスカメラ「α1」を発表した。同社のα9シリーズのスピード撮影、α7Rシリーズの高解像、α7Sシリーズの高ダイナミックレンジのすべてを兼ね備えた同社のフラッグシップモデルだそうだ。価格は税込みで90万円前後になるようだ。5,010万画素のCMOSセンサー「Exmor RS」を搭載、従来の約8倍の処理性能をもつ画像処理エンジンを搭載しているとのこと。動画の4K120p撮影や4:2:2 10bit記録にも対応している(ソニー製品紹介動画デジカメWatchGIZMODO)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | グラフィック | ニュース

 関連ストーリー:
ミラーレスカメラ「LUMIX S5」、これまでの顔・瞳・人体に加え頭部も認識し人物追随AF向上 2020年09月07日
ソニーから動画向けフルサイズミラーレスカメラ「α7S III」が発表。5年ぶりの新型 2020年08月01日
キヤノン発表のハイエンドミラーレスカメラ、「EOS R5」「EOS R6」、供給の遅れも 2020年07月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーミラーレスデジカメ8K

関連記事

広告