マイクロソフト、故人をチャットボットで再現する特許

2021年1月27日 09:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

元ネタは少し前のもののようだが、Microsoftが故人の情報からチャットボットを作成するという特許を出していたという話があるそうだ。2017年にこの特許を出願、2020年12月に認められているという。この特許は「Creating a chat bot from the output of a specific person(特定人物の対話チャットボットの制作)」というものらしい(ForbesCNETIGN JapanGIZMODO)。

SNS上などに上げられた故人の画像、音声データ、SNSの投稿、メールやメッセージといった様々な情報を元にして、故人のプロファイルを作成、会話を再現するというものであるようだ。これに加えて映像などから2Dもしくは3Dモデルを作成するといったことも特許の内容に含まれている模様。もちろん亡くなった人のみを対象にした特許ではなく、友人、親戚、知人、有名人、架空の人物、歴史上の人物の再現なども想定している模様。 

スラドのコメントを読む | テクノロジー | マイクロソフト | ロボット

 関連ストーリー:
MS-IMEに搭載されていた予測変換サービス「りんな」と「住所」が終了 2020年08月21日
AIりんな、Microsoftから独立へ 2020年07月15日
普段行かないような場所を乱数発生器で目的地として設定し探検する「ランドノート」 2019年10月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft特許

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース