Google、検索画面で「期間を指定」を選ぶとタブがフリーズする問題を修正

2021年1月24日 17:49

印刷

記事提供元:スラド

Googleは20日、Google検索の「期間を指定」オプションで数日前から発生していた問題を解決した(Google SearchLiaisonのツイートAndroid Policeの記事)。

この問題は検索結果で「ツール」をクリックし、期間を指定するドロップダウンリストから「期間を指定」を選ぶとタブがフリーズするというもの。これを質問するGoogleコミュニティの投稿には修正までに370人が同意しており、Googleは修正が完了するまでbefore:/after:コマンドで期間を指定することを推奨していた。

個人的には通常before:/after:の方を使い、「期間を指定」を使う頻度は低いが、問題が発生している時に何度か目にした。スラドの皆さんは検索結果を期間で絞り込む場合、どちらを使用するだろうか。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | バグ | idle

 関連ストーリー:
Google、オーストラリアで特定のニュースパブリッシャーを検索結果から除外する実験 2021年01月15日
11日にGoogleの検索順位が大幅に変わりアルゴリズム変更かと騒動に。Google側のバグと判明 2020年08月14日
Google、検索語句で日付の指定を可能にする新機能をテスト中 2019年04月13日
URLに含まれるとGoogle Chromeがクラッシュする文字列 2015年09月20日
Google検索で一部キーワードに対する検索結果が異常に少なくなる問題、解消される 2014年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid

関連記事