国際 RSS

 

米運輸省道路交通安全局、テスラ車にリコール要請

2021年1月18日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

過去記事で指摘されている問題で、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が、電気自動車メーカーであるテスラに対し、リコールを実施を要請したことが分かった。NHTSAがリコールを求めているのは、2012~18年製のModel S および16~18年製のModel Xの約15万8000台。車両のコントロールに使用されている制御装置の記録装置に容量8GBのeMMCが使用されており、走行するたびにデータが書き込まれる結果、一定の段階で書き込み数上限に達してタッチスクリーンが機能しなくなるとしている(NHTSA[PDF]ElectrekElectrekその2Engadget)。

NHTSAによれば、単にタッチスクリーンが使えなくなるだけではなく、バックカメラや曇りとり・霜とりなど機能の操作が行えなくなること、同社固有のオートパイロットシステムに悪影響を与える、可聴チャイムや方向指示器、ドライバーセンシングなどの警告音機能に影響が出ることから、NHTSAはリコールを求めることにしたとしている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
米国家運輸安全委員会、Teslaのメディアコントロールユニット故障多発の原因はeMMCのウェアアウトと断定 2020年11月20日
米国家運輸安全委員会、Teslaの「完全自動運転」ベータテストを注視 2020年10月25日
Tesla、ソフトウェアアップデートで速度標識認識機能や青信号通知機能を追加 2020年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車テスラモーターズリコール(回収・無償修理)

関連記事

広告