12月のアルバイト時給、リクルートやマイナビ調査で過去最高を更新

2021年1月17日 19:14

小

中

大

印刷

 求人サイトを運営する各社が2020年12月度のアルバイト時給動向を発表し、リクルートやマイナビ調査で過去最高時給を更新したことが分かった。

【こちらも】2021年、企業の景気見込み「回復せず」半数超え コロナの影響の懸念6割

■アイデムは東日本がプラス、西日本がマイナス

 7日、アイデムが「パート・アルバイトの募集時平均時給」を発表した。東日本エリアの平均時給は前年同月比32円増の1,185円、このうち関東4都県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の平均時給は同37円増の1,208円だった。

 大分類の職種で大きくプラスだったのは専門・技術職(時給:1,612円、前年同月比:57円増、関東4都県の時給:1,612円、前年同月比:83円増、以下同じ)など。反対にマイナスだったのは販売・接客サービス職(1,014円、22円減、1,040円、24円減)製造関連・ドライバー職(1,060円、20円減、1,087円、16円減)など。

 また西日本エリアの平均時給は同24円減の1,109円、このうち関西3府県(大阪、兵庫、京都)の平均時給は同43円減の1,125円だった。

 大分類の職種別では専門・技術職(時給:1,385円、前年同月比:36円増、以下同じ)、事務職(1,001円、29円増)、その他(1,039円、39円増)などでプラス幅が大きかった。また全ての職種でプラスとなったため、販売・接客サービス職(954円、3円増)、清掃・メンテナンス職(987円、15円増)など時給が低めの職種の募集が増えた一方、時給が高めの職種の募集が減ったことが考えられる。

 ただし関西3府県では専門・技術職(1,439円、95円増)、事務職(1,008円、27円増)などでプラスとなった一方、販売・接客サービス職(964円、15円減)、製造関連・ドライバー職(1,035円、7円減)とマイナスの職種もあった。

■ディップは2カ月連続で微減

 14日、ディップが「アルバイト平均時給調査」を発表した。全国の平均時給は前年同月比4円減の1,123円となり、11月(時給:1,110円、前年同月比1円減)から2カ月連続でマイナスとなった。

 職種別で時給が上がったのは事務的職業の事務・データ入力が1,415円(前年同月比:274円増、以下同じ)、専門的職業の調査業務が1,505円(357円増)、サービスの職業のモデル・エキストラ・芸能関連が2,485円(674円増)、教育の職業の教師・講師・インストラクターが1,588円(191円増)など。

 反対に下がったのは、専門的職業の看護・介護が1,164円(530円減)、サービスの職業の点検・技術が1,031円(100円減)など。

 また地域別では、関東が前年同月比26円減の1,157円、東海が同40円減の1,061円、関西が同87円増の1,232円、九州が同4円減の993円となっている。

■リクルートは過去最高時給を更新

 同日、リクルートジョブズが「アルバイト・パート募集時平均時給調査」を発表した。3大都市圏(首都圏、東海、関西)の平均時給は前年同月比11円増の1,100円となり、縮小傾向にあったプラス幅が11月の0.7ポイントから底打ちしただけでなく、2006年の調査開始以来の過去最高を更新した。

 職種別で時給が上がったのは、製造・物流・清掃系の製造・生産(重工業除く)が1,210円(前年同月比:153円増、以下同じ)、事務系の電話応対が1,160円(40円増)、コールセンタースタッフが1,351円(38円増)、専門職系の塾講師が1,606円(305円増)など。

 反対に時給が下がったのは、販売・サービス系のキャンペーンスタッフが1,208円(138円減)、製造・物流・清掃系の構内作業(フォークリフト等オペレータ)が1,251円(78円減)、警備員・監視員・パーキングスタッフが1,078円(78円減)、営業系の営業が1,257円(37円減)など。

 また地域別では、首都圏が前年同月比12円増の1,150円、東海が同1円増の1,010円、関西が同28円増の1,085円となり、3地域ともプラスとなっている。

■マイナビも過去最高時給を更新

 15日、マイナビが「アルバイト・パートの平均時給レポート」を発表した。全国平均時給は前年同月比23円増の1,129円となり、リクルート調査と同様に過去最高を更新した。

 職種別で時給が上がったのは、教育の試験監督・採点・アドバイザーが1,417円(205円減)、営業の営業が1,548円(169円増)、イベント・キャンペーンのイベント企画・運営が1,526円(319円増)、医療・介護・保育の保育士が1,221円(91円減)、飲食・フードのその他飲食フードが1,018円(78円増)など。

 反対に時給が下がったのは、販売・接客・サービスのカウンター業務が1,062円(170円減)、家電量販店が1,023円(169円減)、教育の家庭教師が1,503円(251円減)、営業のルートセールスが981円(154円減)、クリエイティブ・編集の映像/音楽制作・フォトグラファーが1,004円(171円減)、医療・介護・保育の薬剤師・登録販売者が1,167円(153円減)、オフィスワークのその他オフィスワークが1,210円(117円減)、工場・倉庫・建築・土木の建築・土木・設備作業が1,307円(149円減)など。

 また地域別では、北海道・東北が前年同月比48円減の968円、関東が同6円増の1,225円、甲信越・北陸が同22円増の1,001円、東海が同19円増の1,083円、関西が同6円増の1,106円、中国・四国が同7円減の985円、九州・沖縄が同26円減の969円となっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードリクルートディップ

関連記事

広告