スズキ、2020年の販売台数で初めてホンダを抜き2位に

2021年1月14日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

スズキが年間台数で初めてホンダを抜いて国内2位になったという。今年1月5日に日本自動車販売協会連合会から発表された「ブランド別新車販売台数確報」によれば、スズキの累計販売台数は63万842台で2位にランクアップした。それまで2位だったホンダに関しては61万9132台で3位に下がった。ベストカーの記事によれば、これは統計が残っている1993年以来で初めてのことだそうだ(ベストカー)。

コロナ禍や国内市場自体が縮小している状況にありつつも、スズキは2020年には3%ほど販売台数を伸ばすことに成功しているそうだ。同記事ではスズキは小型車の開発と販売に力を入れたことで、先代型のソリオやスイフトなどの販売台数を伸ばしたことが国内2位の結果ににつながったとしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 統計 | 交通

 関連ストーリー:
イーロン・マスクが資産額1885億ドルで世界一の富豪に、ジェフ・ベゾスを上回る 2021年01月12日
Waymo、自動運転とも呼ばれる運転支援技術と一線を画すため、同社の技術を完全自律運転技術と呼ぶことに 2021年01月08日
日産の社内ツールやソースコードがサーバーの設定ミスで流出 2021年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業スズキスイフトソリオ

関連記事