アサヒビール、ふたを全開すると泡が自然に発生する缶ビールを発売

2021年1月8日 17:14

印刷

記事提供元:スラド

アサヒビールが缶の蓋を開けると泡が自然に発生し、生ジョッキで飲んでいるかのような感覚が味わえる缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を販売すると発表した(アサヒビールTBS NEWS[開封時動画あり])。

蓋の部分がシーチキンなどの缶詰などに使用されている全周が取れるフルオープンタイプになっており、蓋を開けたときに自然に発泡するようになっているという。これにより、生ジョッキのような感覚で飲用できるとしている。

シーチキン缶などのフルオープンタイプでは、缶の周辺部分が鋭くなるが、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造を採用することにより、手や口を切る恐れはないとしている。なお、通常の缶からビールをグラスに注いだ時より泡のきめが細かいそうだ。

容量に関しては通常の350mlより若干少ない340mlとなっているが、価格については据え置かれるとしている。酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日から先行発売され、一般では4月20日から全国で販売されるとしている。 

スラドのコメントを読む | ビール

 関連ストーリー:
イングランドの新ロックダウンルール、「ちゃんとした食事」とは何かで論争 2020年12月03日
Bud Light、缶ビール6本パック型ゲームコンソール「BL6」を発表 2020年11月21日
高級寿司屋の緊張感についての研究 2020年11月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアサヒビール

関連記事