ライフ RSS

 

英語を話せる日本の有名ビジネスパーソン6人

2021年1月5日 16:16

小

中

大

印刷

 今やビジネスパーソンにとってある程度の英語力は当たり前の時代といえる。今回は英語が話せる著名なビジネスパーソンを6人紹介する。ぜひ目標にして頂きたい。

【こちらも】日本語がかなり上手い海外有名人! 厳選5名

■堀江貴文

 日本で最も有名な起業家の1人といえるだろう。かつてのライブドアを立ち上げた人物で、現在はロケット開発なども行っている。Twitterではしばしば炎上しており何かとお騒がせな人物でもある。彼の英語力はカルロス・ゴーン氏との会談で確認することができる。

 日本語訛りが強い日本人らしい英語であり、流暢にと呼べるレベルではないが、ゴーン氏との対話では十分にコミュニケーションがとれている。

■前澤友作

 ZOZOの前社長として多くの人が知っているだろう。月旅行のプレゼンテーションでは典型的な日本語訛り英語だが、しっかりとしたスピーチを披露している。

■孫正義

 ソフトバンクグループの代表取締役社長。経営者としては誰もが知っているだろう。彼も日本語訛りの強い英語だが日本を代表するビジネスパーソンである。日本語訛りがあろうが流暢でなかろうが、彼の発言には海外も注目しているようだ。

■三木谷浩史

 楽天の三木谷社長は、英語でのインタビューもこなすほどの英語力を持っている。流石に社内で英語の使用を強制させるだけはある。

■豊田章男

 トヨタの社長であり、日本を代表するビジネスパーソンの1人。流暢な英語でのプレゼンテーションを披露している。流石である。

■平井一夫

 ソニーの元社長として有名な人物。彼の英語には殆ど日本語の訛りが無い。「英語ペラペラなビジネスパーソン」とはまさに彼のような人物のことであろう。英語力だけではなく表現力も素晴らしい。

 株主が欧米のアクティヴィスト(物言う株主)であったりするソニー。彼のような人物でなければソニーの社長は務まらないのかもしれない。

 英語が話せるといっても英語力は様々であり、やはりそれぞれのビジネスプラン・マスタープランに必要な英語力を身に付けているのではないだろうか。ビジネスパーソンにとって英語力は重要だが、大事なのは英語力に止まらずその先にあるのだ。(記事:newpowersoul・記事一覧を見る

関連キーワードソニートヨタ自動車ソフトバンク楽天孫正義前澤友作ZOZO豊田章男堀江貴文

関連記事

広告