2020年第3四半期、MediaTekがスマホチップベンダーシェア1位に

2020年12月28日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Counterpoint Researchの推計によれば、2020年第3四半期はMediaTekがスマートフォンチップベンダー市場シェアで1位になったそうだ(プレスリリースDIGITIMESの記事)。

世界のスマートフォン出荷台数はCOVID-19の影響で第1第2四半期に前年比大幅減となったが、第3四半期には減少幅が小さくなり、回復の兆しがみられた。MediaTekは100ドル~250ドルの価格帯で強みを発揮し、中国やインドなどでの成長も相まって31%のシェアを獲得。初めて世界一のスマートフォンチップベンダーになったとのこと。2位はQualcomm(29%)、3位はHiSiliconとSamsung、Appleが12%で並んでいる。

一方、5G対応チップセットではQualcommが31%のシェアを獲得して1位、MediaTekは26%で2位となった。3位以下はSamsung(16%)、HiSilicon(12%)、Apple(11%)の順になっている。第4四半期に出荷されるスマートフォンの3分の1は5G対応になると予測されており、第4四半期にはQualcommが1位に復帰する可能性もあるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ハードウェア | 統計 | 携帯電話

 関連ストーリー:
Snapdragon 888、公開データではシングルスコアでAppleのA14だけでなくA13にも劣る結果に 2020年12月22日
2020年第3四半期のスマートフォン出荷台数は前年同四半期から1.3%減少、XiaomiがAppleを上回る3位に 2020年10月31日
ファーウェイ、自社製品用CPUであるKirinの製造が9月15日から不能に。米国の制裁措置で 2020年08月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国AppleSamsungQualcommインド

関連記事

広告