Microsoft、2020年末に期限切れとなるルート証明書を削除しないよう呼びかけ

2020年12月25日 17:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  ImpressWatchによると、Microsoftが「2020年末に期限切れになるルート証明書を削除しないで」と呼び掛けているそうだ。(Microsoft)
記事によれば、Windows 7、Windows Vista、Windowser Server 2008/2008 R2には2020年末に有効期限が切れるルート証明書が存在しており、ユーザーがこれらのルート証明書を削除してしまうと、動作しないアプリが出たり、最悪の場合OSが壊れるといった危険性を挙げている。
よほど詳しい人でない限りは削除するとは考えにくいと思われるが、皆さん気を付けましょう。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | インターネット | 暗号

 関連ストーリー:
無料SSL「Let's Encrypt」のDSTルート証明書の有効期限、3年間延長へ 2020年12月23日
カザフスタン政府発行のルート証明書、中間者攻撃が判明して各社ブラウザーにブロックされる 2020年12月21日
GoogleがChrome独自のルート証明書プログラムを計画中 2020年11月13日
Let's Encrypt、ルート証明書切り替えに向けて古いAndroidへの対策を呼びかけ 2020年11月08日
Microsoft、Microsoft Edge 85以降でSHA-1証明書の使用を可能にする新たな(かつ非推奨の)グループポリシーを追加 2020年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7Windows Vista

関連記事

広告