ディズニー、投資家向け説明会にて「スター・ウォーズ」新作ラインナップを発表

2020年12月17日 17:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ウォルト・ディズニーは10日、投資家向け説明会でスター・ウォーズの新作を発表したそうだ。今回発表されたのは11本で、そのうち2023年末公開予定の劇場作品「Rogue Squadron ローグ・スコードロン」(ティ・ジェンキンス監督のツイート)以外の10作品が配信サービス「ディズニー+」向けとのこと。その中の一つであるStar Wars:VIsionsは複数の日本のアニメスタジオによって制作されるとのこと。

Engadgetによるとディズニー+のタイトルは以下の通り(Engadgetクランクイン!TechCrunch)。タイトル未定のタイカ・ワイティティ監督作品 (時期未定) 
 Obi-Wan Kenobi オビ・ワン ケノービ (時期未定) 
 Ahsoka (時期未定) 
 Rengers of the New Republic (時期未定) 
 Lando (時期未定) 
 Andor (2022年) 
 The Acolyte 
 Star Wars: The Bad Batch (2021年) 
 Star Wars:VIsions 
 A Droid Story 

スラドのコメントを読む | 映画 | スター・ウォーズ

 関連ストーリー:
ストームトルーパー、ディズニーランドでソーシャルディスタンスを監督する役に就く 2020年06月13日
iPhoneを持っている登場人物は犯人ではない? Appleは悪役がiPhoneを使う事を許可せず 2020年02月28日
Oxford English Dictionary、口語的表現の追加で英語の水準を下げると批判される 2019年10月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードディズニースター・ウォーズ

関連記事

広告